2011年09月03日

昔話

イマドキの子供だって昔話は大好き黒ハート
昔話は人生の真実を伝えてくれます。
解釈を押しつけずに今は理解できなくても、
厳しい現実にさらされた時にきっと役立つといいます。

昔話の読み聞かせは
「小澤俊夫の昔話の正しい読み方」が参考になります。
静かにふつうの声で読みましょう本
例えばやまんばの声と子どもの声では多少変化をつけたりしますが、
それもごく自然な範囲で。
おおげさでなく、しかもいいテンポで、いいリズムで、心をこめて自然に語るのが、昔ばなしの語り方だそうです。

あとは子供の想像力にまかせてぴかぴか(新しい)


<小澤さんおすすめの昔話 4冊>

ノルウェ-の昔話
三びきのやぎのがらがらどん

三びきのやぎのがらがらどん
著者:マ-シャ・ブラウン
価格:1,155円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



ロシアの昔話(小学1年生の教科書でも学びます)
おおきなかぶ

おおきなかぶ
著者:アレクセイ・ニコラエヴィッチ・トルストイ
価格:840円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



ウクライナ民話
てぶくろ

てぶくろ
著者:エヴゲーニ・ミハイロヴィチ・ラチョフ
価格:1,050円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



日本昔ばなし
とら猫とおしょうさん

とら猫とおしょうさん
著者:小沢俊夫
価格:1,680円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



メモecomom(エコマム)子どもに「昔ばなし」を語ってみよう

タグ:昔話
posted by ボンヌママ at 18:19| 絵本 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。