2011年10月13日

親が算数を教える時に読む本

算数を子供に教える時、
学校ビルの先生と同じやり方でないと子供が混乱するという話をよく聞きます。
教科書をよく読んでどう教わっているのかを推測して教えている方も多いと思います。

でも算数の教科書本には載っていない
算数裏技を教えることによって
算数の苦手な子供が算数の成績が上がりますグッド(上向き矢印)
18.png

裏技いっぱいの算数の本は親野智可等さんの
親野智可等の頭がよくなる「算数力」教室です。
算数解き方のコツを親が子供に教えてあげられる本。

・割合
・単位量当たりの大きさ
・密度
・速度
では教科書では教えていない比の表を使って簡単に解く方法が載っています。
割合では「く・も・わ」と「ぶ・ぜ・わ」という裏技ひらめき
速さ」では「み・は・じ」という裏技ひらめき

・九九
・少数
・分数
ではどこをフォローすればいいかの解説を読んで子供にわかりやすく教えてあげましょう。

また子どもの弱点と算数センスがわかる問題集もついています。
うちの子は算数のセンスがないがく〜(落胆した顔)とあきらめずに
裏技算数の成績を伸ばしてあげましょうexclamation×2
poos_1e.gif

親野智可等の頭がよくなる「算数力」教室

親野智可等の頭がよくなる「算数力」教室
著者:親野智可等
価格:900円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



posted by ボンヌママ at 09:41| 教育関連おすすめHP・本・雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。