2012年05月16日

小2 筆算

算数の筆算のノートの書き方(小2)

1数字の大きさをそろえる
数字が大きさがまちまちだとケタがずれて、計算を間違えやすい。

2筆算に定規を使う
まだ定規を使ったことのない小学2年生。
もうすぐ30cmものさしを授業で使いますが、横棒を引くための勉強ではありません。
小2の筆算の勉強から
横棒は定規でまっすぐに引いて勉強すれば、きれいに書けて計算ミスがなくなります。

はじめは慣れない定規ですが、使っているうちに
きれいに線が引けるようになるので
どんどん使っていきましょう。

jougi1_3.jpg

筆算が苦手なお子さんには
親野智可等先生が考案した楽勉グッズの「百玉そろばん」がおすすめexclamation
玉が5個単位で色をわけされているところがポイントひらめき
パッと見て数がわかりやすく、
慣れてくると8個の玉を見て、5個と3個だから8個といった
数の合成や
5個といくつで8個など
数の分解をわかりやすくするなどの効果があります。

posted by ボンヌママ at 16:58| 算数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。