2012年10月23日

小学2年生の山場 九九を覚えるコツ

小学2年生の2学期といえば、九九ですね。
学校では九九カードを使います。
最近はいろいろな九九の歌がありますが
九九カードでタイムを計るという勉強方法を授業でやるので
歌では早く言えるようにはなりません。

王道の九九カードを使って覚えていきましょうひらめき

九九を覚えるコツは
まず
1九九を1から9まで順番に覚えます。
教科書では
5の段⇒2の段⇒3の段といった順番に勉強していくので
それに合わせて
5の段から覚えていくといいでしょう。

発音しにくい7の段で四苦八苦すると思うので
6の段までは、早め早めに覚えるようにしましょう。


2九九を9から1まで逆さまに言えるようにします。


3九九カードをランダムにします。


4文章問題に強くなろう!
九九九九カードが言えるようになるだけが勉強ではありません。
覚えた九九を使って文章題がこなせるようになることが重要exclamation×2

「かける数」×「かけられる数」の計算式の間違いが多いので
その意味を理解しましょう。

我が家では
お皿にお菓子や果物がのっている文章題では
自分は何個になるかexclamation&question
食いしん坊な性格を利用して
まずは自分の量を確認して「かける数」を探すように教えています。

お皿は「かけられる数」何人のお友達がいるかexclamation&questionと考えるように。

小学校の算数は生活の算数です。
我が子に合った実生活に例えてあげると理解しやすいかもしれません。
posted by ボンヌママ at 12:41| 算数 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。