2011年09月09日

小学1年 算数の新学習指導要領

小学1年算数新学習指導要領で追加された学習内容は

・簡単な3けたの数の表し方
・簡単な2けたの足し算引き算
・個数を絵や図などで表わす
・面積・体積の比較
・時刻の読み方(2年生から1年生に)

算数だけなくすべての教科で知識・技能の基本に加えて
「知識・技能を活用する力」を重視します。
「判断力・思考力・表現力」が必要になります。

「考える力」はすぐには身につくものではありません。
・答えは一つだけではないこと
・いろいろな考え方があること
・自分の意見の伝え方
これらを小学1年生から問題集に取り組んでトレーニングする時代です。

しかしベネッセの小学講座の追加講座である
「考える力・プラス講座」の見本を夏休み前に試してみましたが
まだまだ我が子には早すぎふらふら
問題を読むことで挫折バッド(下向き矢印)バッド(下向き矢印)これは勉強嫌いになりかねないがく〜(落胆した顔)
「自分で考える力」を伸ばす勉強はもう少し後にすることにしました。
ベネッセの小学講座の追加講座である「考える力・プラス講座」は小学1〜3年生が対象。
ベネッセコーポレーション 進研ゼミ・こどもちゃれんじ1年生から社会・理科を含めた4教科のテキストです。



メモ新学習指導要領 2010年と2011年からとの比較
posted by ボンヌママ at 10:31| 新学習指導要領 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。