2012年08月08日

読書感想文の書き方 低学年(小学1・2年)

夏休みの宿題のひとつ 読書感想文は終わりましたか?

今回は低学年(小学1年生・小学2年生)読書感想文の書き方のコツです。

<本を選ぼう>

まずは読書感想文の本選び本

読書感想文がうまくかけるかは、本選びで80%決まりますひらめき

ひらめき普段から子供が好きな傾向の本にしましょう。
ひらめき無理なく読めるページ数の本にしましょう。



<メモを書こう>

読み終わったらすぐに原稿用紙に書くのではなく
読書感想文を書くためのメモを作ります。

子供の思いを読書感想文にまとめるわけですから
まずは親がリードして子供の思いを引き出してあげまするんるん

1なぜその本を選んだのか?

2どの場面がおもしろかったか?その理由は?
・本の内容と自分の経験を比べる

3本を読んでどう思ったか?
・自分が主人公だったらexclamation&question
・読んでみてやってみたくなったことはexclamation&question
・主人公への手紙にしてみる



<読書感想文の構成>

はじめ:その本を読みたいと思ったきっかけ
なか:本の中でおもしろかった場面を書き、感じたことを書く。
おわり:本を読んでどう思ったのか。

ひらめき何をいいたいのか、ひとつにしぼる。

ひらめき繰り返しでてくる事柄に注目して読む。

ひらめきこの本の大切なことはなにか考える。

ひらめき本を読み終えてこれからの自分のありかた、生き方を考える。


読書感想文はけっしてあらすじを書くのではありません。
主人公と自分を比べて書くことが大切黒ハート

「おもしろかった」「たのしかった」だけではダメパンチ

読書感想文の題名も工夫しよう6

posted by ボンヌママ at 17:00| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年06月30日

映画 グスコーブドリの伝記の原作

宮沢賢治さんの童話『グスコーブドリの伝記』の
アニメ映画映画が7/7からスタート
今年の夏休みいちおしの映画映画ですね。

宮沢賢治さんの童話『グスコーブドリの伝記』の原作を読んだことありますか?

自然の厳しさ、そして家族の幸せについて考えさせられる話で
映画を観たあとに原作を読むと
読書の嫌いな子もすんなり入り込めるのでおすすめです。

「グスコーブドリの伝記」の本の最新刊NEW
グスコーブドリの伝記

グスコーブドリの伝記
著者:宮沢賢治
価格:1,890円(税込、送料込)
楽天ブックスで詳細を見る



イーハトーヴの森に住むグスコーブドリは、冷害で家族を失ってしまいます。
自然に翻弄されながらもグスコーブドリは学問を学び、
知識と自分の身を呈して、二度目の冷害に立ち向かいます。

映画映画『グスコーブドリの伝記』2012年7月7日ロードショーのWebはこちら

絵本原画展「清川あさみ展Another World〜宮沢賢治『グスコーブドリの伝記』〜」もあります。
7月3日(火)〜7月16日(月)
会場:西武渋谷店B館8階 特設会場
こちらは夏休み前ですね。
posted by ボンヌママ at 12:52| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月29日

低学年の読書 絵本からの切り替えに最適な本

小学校では100冊をめざした読書ファイルがあります。
まだ小学1年、小学2年、小学3年の低学年だと絵本が主体になっていたり
読み聞かせがメインで読書への切り替えが難しいのも事実。

読書好きになってほしいからと
何歳になっても読み聞かせすることもすばらしいことですが
自分で読む読書も身につけてもらいたいですね。

そんな絵本から読書への切り替えに最適な本選び
楽天×ducareのコラボページで紹介されています本

本絵本からの切り替え 小学1年生向け 読書おすすめの本

 

本絵本からの切り替え 小学2年生向け 読書おすすめの本

 

本絵本からの切り替え 小学3年生向け 読書おすすめの本

 

posted by ボンヌママ at 09:45| 読書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。