2010年05月26日

大人に人気のベストセラーの本で一緒に歴史の家庭学習

小学校6年になると歴史が始まります。

NHK大河ドラマ福山雅治の「坂本龍馬」が流行っているし

歴史好きの女性「歴女」が増えているので

ベストセラー
読むだけですっきりわかる日本史
も有名かと思います。



今回は歴史家庭学習
まずは親が読むだけですっきりわかる日本史
を読んでおくのをお勧めします。

小学6年 歴史
↑聖徳太子、蘇我氏、推古天皇のページ

読むだけですっきりわかる日本史は中学・高校受験レベルを載せているので
小学校で習う歴史用語には蛍光ペンをつけました
親からすると意外に少なく思えます。
詳細は中学校でということでしょうか。


になみに
小学6年生歴史で取り上げる人物は....
学習指導要領で見ると

卑弥呼,聖徳太子,小野妹子,中大兄皇子,中臣鎌足,聖武天皇,行基,鑑真,藤原道長,紫式部,清少納言,平清盛,源頼朝,源義経,北条時宗,足利義満,足利義政,雪舟,ザビエル,織田信長,豊臣秀吉,徳川家康,徳川家光,近松門左衛門,歌川(安藤)広重,本居宣長,杉田玄白,伊能忠敬,ペリー,勝海舟,西郷隆盛,大久保利通,木戸孝允,明治天皇,福沢諭吉,大隈重信,板垣退助,伊藤博文,陸奥宗光,東郷平八郎,小村寿太郎,野口英世
です。

それでも娘の担任の先生は歴史の授業で
「小野妹子」はスルーしたそうでがく〜(落胆した顔)
まぁ名前だけ覚えておいてねっていうレベルexclamation&questionexclamation&question


我が家では
子供と歴史自主勉強ノートを作って家庭学習を楽しんでいるところです。
学習指導要領外も重要赤ペンにはせず
どんどんノートに加えていきます。

小学校では習っていないけれど
歴史の話をする上で必要な人物や歴史用語も記入していきます。

歴史をノートにまとめるのは、はじめてで
他の教科と違ってどうまとめればいいのか??とまどってる様子なので
かなり、アドバイスしてあげてます。

読むだけですっきりわかる日本史の内容は
「へぇ〜そうだったんだぁ」
誰かの裏話を聞いてるみたいな感じで楽しいるんるん

我が家では家庭学習
さらに小学6年生にもわかりやすい言葉で
(先生ではないので、いまどきの言葉も使っちゃいます)
話してあげます。

だって
「遣隋使を送る」
って、習っても、よくわからないじゃないですかあせあせ(飛び散る汗)

その時代は中国は「俺様」ですごく偉そうだったの。
強い中国と仲良しになりたくて
貢物(プレゼント?!)を送るから
どうか、うちのくに(日本全体ではなく)と仲良くしてぇ〜と
命がけで船船に乗っていったこと!
それを日本で他のライバルに言えば、
ヤバい、こいつの後ろには強いのがいるのかぁってなるでしょ?!


ってな感じで話してあげるんです。
もっと難しい熟語や言葉でキチンと理解するのは中学校で...。

小学6年生といえども、習ってもいない漢字や
意味のわからない熟語の羅列で嫌になる、暗記が多いなど
歴史嫌いになる前に
楽しく歴史を勉強しましょう本

まずは親も歴史を楽しんで一緒に勉強しましょう。
それに最適なのがこの読むだけですっきりわかる日本史
です。
親の子供に教える前の予習としても最適ですぴかぴか(新しい)

同じ後藤武士さんの歴史シリーズで

見るだけですっきりわかる日本史
も買いました。


歴史家庭学習では参考書をたくさん購入しましたがそれはまた別のページで...。
posted by ボンヌママ at 17:06| 歴史 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。