2012年09月18日

ブンブンどりむで記述問題の対策を!!

小学生のうちから文章を書くという学習をしっかりしておいたほうがいい...
最近、実感しています。

我が家には中学生の姉がいて

中学生になって
受験や定期テストで
国語だけに限らず、社会などでも
記述式の問題が多くなり、点数を稼げないもうやだ〜(悲しい顔)

読書が嫌いちっ(怒った顔)
読書感想文や作文がうまくないもうやだ〜(悲しい顔)

特に夏休みの宿題だった作文・感想文の出来を見て
まずいふらふらと感じた方も多いのではないでしょうか?

通信教育といえば、
進研ゼミ・ドラゼミ

塾といえば、
公文・学研

実は、
作文通信教育講座があるのをご存じですか?
監修は斎藤孝先生ぴかぴか(新しい)

小さいころから馴染みのあるNHKの「にほんごであそぼ」の監修をしている斎藤孝先生が監修している作文・記述の学習が

小学生の作文通信教育講座「ブンブンどりむ」






感想文を書く本がかなり出版されていますが
それは、その場しのぎ。

小学生の作文通信教育講座「ブンブンどりむ」
は、
メインのテキストで毎月、作文を作る方法(整理して論理的に書くトレーニング)を学んでいけます。

記述

記述
いわゆる通信教育と同じで添削もあります。(月2回)


その他にも、ワークシートや語彙ドリル、時事問題などの副教材もついてきます。

新学習要領でさらに増えてきた
記述問題でしっかり点がもらえるように
小学生のうちから学習しておくことが大切exclamation×2


思考力・判断力・表現力を育む勉強方法
他ではなかなかありません。

作文に対しての添削をしてくれる通信教育は
他にないと思います。
丸つけならしてあげられますが、作文を直すのは難しいですから...。

中学生のこういった通信教育はありませんから
小学生の今しかありません。
posted by ボンヌママ at 09:38| 国語 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月11日

林成之先生の育脳メソッドの本 文武両脳の育て方

eduで連載されている林成之先生の育脳メソッドがムック本になりました本

フェリシモでも林成之先生は育脳メソッドの講演をしていて大人気黒ハート

能を引き出す脳の仕組みに沿って
学習、生活習慣、親子コミュニケーションなどを行う育脳メソッドを実践して
我が子を勉強もスポーツもできる文武両道を目指し
子どもの才能を伸ばす母になりましょうひらめき

子どもの脳がイヤがるママのNG習慣では
ついつい子供に言ってしまっている言葉の連打ふらふら

子どもの脳細胞の本能の働きを邪魔しないことが大事なんだそうです。

posted by ボンヌママ at 10:23| 子育て | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年09月08日

新1年生ママ必見!! 小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと

秋には、就学児健診が始まりますね。
新1年生のママにとって
いまどきの小学校ビルは、自分が小学生時代とかなり違っているので
入学前に情報をいろいろと仕入れておくことをおすすめします。

近所の先輩ママの話も役立ちますが
しつけや子供の性格など
わが子が小学校に入ったときに困らないようにするために、
知っておきたい115のことを具体的に書いた本でおすすめです。

小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと


ランドセル選びも大事ですが
子供が小学校に入って戸惑うことがないように
親は子供が自立できるように小学校入学まで
頑張りましょう。
タグ:新1年生
posted by ボンヌママ at 21:42| 新1年生 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。